2014年09月04日

流年是一首歌感動你我

0223.jpg
一首詩,在歲月裏珍藏,一段情,在心坎上鐫刻。回首,風中有什麼失落?俯身,撿拾起那片風月,憂傷迷蒙了眼睛,溢出一串鹹澀。

月光斑駁了樹影,曉風吹幹淚痕,執筆,訴一段心曲,寫一闕婉約,滴滴墨痕是誰的心事恣意流淌,濕潤的眼眸奔瀉了誰的驗窗汪洋?

遙望,你的名字飄零在光陰的河,落花嫣紅,伴隨你渡過湍急,不必催發,蘭舟已經漂遠。一路走,一路吟,流年是一首無字的歌,吟唱著欣喜與失落。

寂寞懸掛在天涯,孤單是它的影,追隨著片片流雲,漂泊的足跡找不到回家的路。

滄桑如一朵花,刻在緊皺的眉心,你是那手執刻刀的人,苦笑著隱沒在年輪深處。一把油紙傘,白釉的曲線寫滿了春天的詩行,飄落在風中,丟失的還有那絕美的年華。

種下一棵樹,結滿美麗的紅豆,顆顆蘊含著古老的城野醫生相思。從不奢望執子之手,與子攜老的浪漫,也不企盼在日月輪回裏相逢的喜悅,只願君心安好,日日晴天,我便淡然。

聽一曲笛音宛轉悠揚,貼著江面遊走,任一船漁火撕碎夜的黑暗。燈火闌珊,青絲如瀑的女子安然端坐,眼裏是一抹寧靜祥和,唐詩宋詞溫馨了平凡的歲月。

透明的酒杯斟滿怡人的春光,灼熱那漸被遺忘的幸福。煮一杯咖啡,溫暖冰冷的夜。調一弦素琴,指尖漾起快樂的漩渦。

扯一片祥雲,裁剪成美好的祝福,裝飾柔軟的鼻敏感夢境,不為思你念你,只為歲月深處那一次美麗的邂逅。采一顆星星,綻放成粉紅的玫瑰,照亮暗淡的眼波,不為迎你送你,只為遙遠的未來那一次燦爛地回眸!

流年是一首歌,感動你我!
posted by damsonbaby at 11:26| Comment(0) | 搬屋 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。